思春期と家庭教師

相談相手は誰であってもありがたい存在ですが、家庭教師もまた、相談相手として適切な存在です。特に東大生家庭教師の場合、東大に進んでいる現実がありますので、勉強面の相談はもちろんですが、人生の先輩でもあるのですから様々な事を相談する事が出来るようになります。いわば話し相手が増えるようなものです。

受験を前にした年頃の生徒は、思春期や反抗期の真っ只中にあるのですが、その時期は自己顕示欲もどうしても強い物になってしまいますし、認証欲求も高まっています。自分という存在がどのような存在なのか。特別でありたかったり、いろんな人から認めてもらいたいと思うなど、思春期や反抗期はデリケートなお年頃でもあるのですが、家庭教師がいるとそれらの気持ちを満たしてくれるのです。

家庭教師ですから話を聞いてくれたり褒めたりもしてくれます。それによって自己顕示欲や認証欲求が落ちつきますので、精神的に安定してくるのです。誰にも自分を認めてもらえないのと、少なくとも家庭教師が認めてくれるのとではやはり違うものです。相談相手としてはもちろんですが、家庭教師もそのような時期をごく最近に経験しているのですから扱いには慣れていますので、その点もメリットです。