家庭教師の包容力

家庭教師は受験勉強に打ち込んでいる生徒にとってはとても包容力のある相手に思える事でしょう。これは家庭教師の人間的な豊漁力ではなく、そもそも家庭教師は慈善事業ではありません。ビジネスの一環、仕事として学習指導を行ってくれているものである事には間違いはありません。つまり、家庭教師は仕事なのですから、生徒がある程度不平不満を挙げたとしても怒るような事はありません。

何をされても怒らないとは言いませんが、仕事である以上、むやみやたらに怒りをぶつけるような事はありません。生徒からすると、それが安心感を生んだり、ストレス解消にもなりますし、包容力のように感じるものなのです。家庭教師がいない場合、そういった感情は家族に当てるしかありません。

親とて人間なのですから、子供のそのような感情に対して時には腹立たしさを覚えたり、自分だけ受験のためにって頑張ってて意味がないと感じてしまう事もあるのですが、その矛先が家族ではなく、家庭教師も加わるとなると、家族環境そのものも違ったものになってくるのです。このように、家庭教師の存在は勉学面だけではなく、生徒の精神的な部分にも大きく影響する事になりますので、それもまた、メリットなのです。