目標が変わる

東大生家庭教師に勉強を教わるようになると、日々東大生に触れる事になりますので様々な部分で家庭教師に感化されるようになります。刺激を受けると言い換えても良いかもしれません。家庭教師とは雑談をする機会も多々あるものですが、そこで繰り広げられる家庭教師の学校の話は、東大での話になるのです。

そのため、東大に対して憧れを抱き、自分も東大に入りたいと思うようになる生徒もいれば、東大とまでは言わなくとも家庭教師の学生生活の充実ぶりを聞いているうちに、初めは嫌々行っていた受験勉強に大した自分自身ももっともっと頑張ろうという気持ちになっていき、勉強により集中するようになる生徒もいるのです。

東大生家庭教師を迎えてから、進学希望校が大きくレベルアップする生徒もいるのはそのためです。東大生に教わっているという自信や憧れ。それが勉強のモチベーションとなりますし、東大生の教え方は上手ですからそれによって学力がメキメキと上達し、結果、志望校のランクが上がっていく生徒もいるのです。このように、生徒自身に良い刺激を与えてくれるのも東大生家庭教師ならではです。東大の説得力は生半可なものではありませんから、生徒とて刺激になるのです。